中古車を安く買う|安心の品質|お得に中古車を買う|クルマ探し|個人売買サポート

中古車購入のポイント!

「走行距離」に注目

中古車購入の重要ポイント!「走行距離」
項目別におすすめの走行距離をご紹介いたします。

新しさ・車両の綺麗さ重視なら3万キロ~5万キロ

走行距離が3万~5万キロの中古車は、大事に乗られていたものであれば経年によるキズや汚れも少ない状態です。価格の安さという中古車のメリットも捨てがたいが、その中でも新しい車に乗りたいという方は走行距離3万キロ~5万キロの中古車がおすすめです。

価格重視なら6万キロ~10万キロ

中古車は走行距離が5万キロを超えたあたりで価格が下がる傾向があります。これは購入層が「5万キロいっている車はちょっと…」とためらいがちであることと無関係ではありません。市場での需要が下がれば中古車の価格も下がります。安全に乗れる車をとにかく安く買いたい方には、走行距離6万キロ~10万キロの中古車がおすすめです。

注意点:リセールバリューには期待できない

逆に、安く買える中古車ということはリセールバリュー(車を手放す際の売却価値)にはあまり期待できません。とはいえ中古車の場合、走行距離にかかわらずリセールバリューに期待するべきではないというのが筆者の見解です。どんな車であっても、経年・使用に伴う価格落ちからは逃れられないからです。

売却時に少しでも価格がつけば満足、という考え方をするのが中古車では良いと思います。

激安価格希望なら10万キロ~12万キロ

さらに価格の安さ・激安と呼べる中古車を求めるならば、目安としては10万キロ~12万キロ前後を選ぶのがおすすめです。5万キロの場合と同様に、10万キロを超える段階で大きく価格が下がることも、購入者の購買傾向から要因が大きくなります。

10万キロが車の寿命という考えもまだ根強く、一気にニーズが下がるため、価格は激安といえるところまで下がります。車の寿命としては15万キロほどは普通にありますから、ある程度のお手入れをしていれば、少なくとも3年ほどは安全に乗ることができるはずです。

10万キロ前後もしくは10万キロ以上の中古車では、下記でくわしくご紹介するようなメンテナンスが実施されているかを購入の判断材料にすることがポイントです。

注意点として、6万キロ~10万キロと同様、リセールバリューには期待できません。激安価格で売っている中古車というのは車の価値自体は中古車市場からすればほぼゼロです。さらに数年乗って売る場合であれば、価格がつかないことも覚悟するべきです。

10万キロ前後の中古車のメンテナンス

10万キロ前後の中古車なら「このメンテナンスは必須・もしくはあれば安心」というポイントを以下にご紹介します。経年・使用とともに少しずつ劣化していくゴム製の部品が交換されているかどうかがメインになります。

タイミングベルトが交換されている:必須

タイミングベルトはエンジンが機能する上で欠かせないものですが、ベルトはゴム製のため 10万キロを目安に交換が必要です。

タイミングチェーンが採用されている:あると安心

上記のタイミングベルトの代わりに、金属製のタイミングチェーンが採用されている車種もあります。このタイミングチェーンは、半永久的に使用できるといわれていますが、20万キロを目安に交換するのが安心です。

ブッシュ類(緩衝材)が交換されている:あると安心

ブッシュ類とは、ゴム製の緩衝材を指し、車の緩衝作用や異音軽減までを担う部品です。こちらも10万キロ・もしくは10年を目安に交換が望ましいとされています。このブッシュ類も交換されていれば安心です。

エンジンのオイル交換は適切にされているか:必須

エンジンのオイル交換は非常に基本的なメンテナンスです。タクシーが40万キロ走れる秘訣は、3ヶ月に1回オイル交換を徹底することと言っても過言ではありません。エンジンはオイル交換のメンテナンスがきちんと行われていれば、そうそう故障するものではありません。

車が故障する場合、故障箇所はラジエーターなどの冷却系・エアコンなどの不具合・電装系の故障が原因であることが多いのです。逆にいえば、オイル交換などの基本的なメンテナンスが適切に行われているかは安全に乗るうえで必須といえます。

PAGETOP
Copyright © クルマ買うなら.com Regain Co.,Ltd. All Rights Reserved.